Organization Concept

Everforthでは、プロダクトよりも組織作りを最初に重要視してやってきました。

それはどれだけ優れたアイディア、戦略があっても、それを実行する人が優秀で、そしてチームが機能しなくては決してよいサービスは提供できないからです。

世界は変化の歩調を加速度的に早めており、サービスの寿命も短くなっています。そんな世界の状況はVUCAという言葉で表されるようになっています。

VUCAとは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の4つのキーワードに由来しています。そんな環境下で必要とされることは変化、適応です。カオスが定常状態であり、それを楽しまなければなりません。

プロダクトもそれを生み出す組織も作ったら終わりではなく、今の世界の変化スピードに合わせ変化、適応させていかなくてはなりません。

Organization Philosophy

Everforthの組織哲学は以下のようなものです。

  • 組織の成果の最大化はメンバーがWell-beingであることによってもたらされる
  • モチベーションを持ち、信頼/安心できるチームで仕事をすることが個人の成長と成果を最大化する
  • 受容、理解、尊重を通じたメンバーの多様性を維持することが組織の持続可能性を高める
  • 個人もチームも会社も、チャレンジと学習を続けなくてはならない
  • 自身のキャパシティを少しだけ超えるような役割、仕事、責任が個人の成長につながる
  • ビジョンに向かい個が最適かつ流動的に振る舞うことで集団は自己組織化される

これらを可能にするのは自律分散協調型組織である

自律分散協調型組織の中で、個人がモチベーションを持ち、心理的安全を感じながら仕事をすることで成長し、そのようなWell-beingな個人がチームに貢献し、組織の持続可能性が高まる。 これは揺るぎないEverforthの信念でもあります。

前述したVUCAの世界において、組織を進化させ続けるには、一部の人間が管理するという方法では環境変化に適応が追いつきません。 自律分散協調型組織では、メンバーが自律的に動き、自らジャッジをし、自然な組織を形成して生産活動を行います。このイテレーションサイクルのスピード感は、ヒエラルキー組織とは比較になりません。

Everforthのメンバーは知らず知らずのうちに自律的に考え、行動しています。一般的な組織の場合、上司にお伺いを立て、会社としての判断を待つ、というプロセスで多くの時間を浪費しますが、自律分散協調型組織においてはそれらの時間は不要です。 ひとりひとりが自らのミッションとロールにおいて最適解を知っています。自分ひとりで判断できると思うことは自分でどんどん判断して進めてしまえばいいのです。自分だけで判断できないことは適宜必要なメンバーと相談すれば解決します。そこに従来型のマネージャーは不要です。これは、現場を知らないマネジメントが介入することによるスピード低下、ミスジャッジを防ぐことになります。

個々人の自律的な動きが、会社を自己組織化させ、世界の環境変化に即座に適応していくということになります。

流動性、自律性、 多様性による自己組織化

Everforthは自己組織化する組織を目指しています。自己組織化とは端的に言うと、個が自律的に動くことで組織に秩序が生まれることです。自己組織化された組織は環境に適応し、強固になると言われています。 特定の人間が組織を管理するのではなく、メンバーが自律的に動くことで自然と自己組織化が生じ、強い組織になっていくということです。

Everforthでは、自己組織化に必要な要素は、流動性、自律性、多様性の3つだと考えています。 変化への適応、変化への最適化のためには、優秀な個人が流動的に入れ替わりチームに貢献することが重要です。硬直化した思考や形骸化したルールとは無縁の組織でなくてはいけません。 個人が適切な責務を持ち、モチベーションを持って、自律的に思考し、行動すること。これは圧倒的な自由とそれに伴う責任を持つということです。決して楽ではない局面もあると思いますが、その先には個人と組織の成長が待っています。 VUCAの時代において、組織の持続可能性を高めるには多様性が不可欠です。同じような考えを持った人間ばかりが集まった組織が変化に強いわけがありません。 流動性、自律性、多様性を維持し、強化していくことで、組織が自己組織化を繰り返し、持続可能性を最大化できると考えています。