EPILOGUE

世界は、秩序とカオスが交錯する混沌だ。 マジョリティは秩序を好むが、私たちは自由という武器を手に秩序に挑む。世界にはカオスも必要だと信じて。

自由に、流動的に躍動する個は秩序を乱すが、新たな価値を生み出すことができる。

・・・

あらゆるものに意味なんてないだろう。意味は人間がそう認識しているだけだ。 だからこそ、私たちは自らの生きる意味を自らつくればよい。

「異能に自由を与え、世界を前進させる」

これが私たちの存在意義だ。

私たちは、強い意志で秩序に挑む破壊者であり、カオスから新しい価値を生み出す創造者だ。

さあ、好きなことをしよう。