PROLOGUE

私たちは、自由だ。 だが、自由に生きることは容易いことではない。

社会への価値提供なくして自由は享受できない。自由であり続けるためには、社会が要請する責任を受け入れ、社会からの圧力に屈することなく、強い意志を持って生きなくてはならない。これは内発的自由であり、私たちが求める自由だ。

テクノロジーの進歩は、世界を多くの人にとって生きやすい場所へと少しずつ近づけ、多くの人にとっての自由は少しずつ増えているだろう。そんな社会から提供される自由、それは外発的自由であり、私たちが求める自由ではない。

私たちは、内発的自由を謳歌して、外発的自由を拡張するために社会に価値を提供し続ける集団だ。